法テラスの無料相談ってどうなのかな?

法テラスで無料相談できるらしい・・

借金問題やその他の生活上での自分では解決できない悩みは法テラスを通して弁護士や司法書士へ相談するのが良いそうです。ですが、何だか難しくて分からないことも多いから調べてみました。

法テラスの無料法律相談とトラブルの解決

法テラスは、法律相談などを無料で受け付けているところとして、全国の一般の消費者にとっては非常に頼れる存在となっています。

 

ここ数年では、法律上のトラブルを抱えている人が増えていることもあり、多少なりとも問題解決に取り組みたい場合には、法テラスの専門家のところに足を運ぶことが良いとされます。

 

納得する男

特に、弁護士などの資格を持つ専門家からアドバイスを受けることによって、早期の問題解決につなげることができるため、まずは相談の予約をとることが必要です。インターネット上では、法テラスで法律相談をしたことのある人の口コミなどが取り上げられているため、興味がある場合にはチェックをしてみることが大切です。

 

また、トラブルが長引いている場合には、法テラスのスタッフだけでは対応できないケースもあるため、それぞれのケースに詳しい事務所を紹介してもらうこともコツとして挙げられます。

 

法テラスの社会的なニーズについては年を追うごとに高まってきており、最近では離婚や遺産相続などのトラブルについて相談をしようとする人が目立っています。特に多いのは借金問題での相談です。債務整理 相談先としても気軽に安心して問い合わせを行える相談窓口として広く知れ渡ってきています。また、法律相談の時間については、それぞれの依頼者のケースによっても異なってくることから、十分に相談内容をまとめておくことがポイントとされます。法テラスは、今となっては全国各地に設置されていることもあり、仕事帰りのサラリーマンや自営業者、専業主婦にとってもとても利用しやすい所として親しまれています。

法テラスと弁護士会の法制度とその案内

法テラスは、弁護士に相談したり依頼するお金がないけれども、法律的に困ったことがあって相談にのってほしかったりする場合に、安価な金額で引き受けてもらえる半民半官の弁護士グループです。

 

ただし、安価に専門家に相談ができるという点で、相談の予約がいっぱいのことがありしかもその相談ができるのが平日昼間しかないのが原則なため、新規で相談しようにもなかなか相談自体難しいという現状が存在します。

 

そのため、法テラスに予約や相談内容を伝えると、もし費用面で余裕があるのであれば弁護士会が無料で開催している無料相談会に予約をしてみたらと案内されたり、勧められたりする場合があります。急いで相談、解決をしたい場合には法テラスの空きを待っている余裕がない場合もありますので、どちらを選ぶのかはその時の状況に応じて個々人で検討判断することになっていきます。

 

法制度上どちらに依頼しようが、弁護士に相談、依頼し契約することに変わりはないので、どちらでも最終的には個々の契約により対応をしてもらうことになっていきます。

 

一般の市民が法律関係で困った時にいきなり個人の弁護士事務所に相談をするのは敷居が高いのと、その相談料が高いという点で市民が法律関係でのトラブルになった時に困るということから、この法テラス制度が法制度化されたという経緯ですので、もし困ったことがあればこの法テラスなり弁護士会の無料相談会なりを利用するのがよいでしょう。

法テラスの愛称をもつ国が設立した日本司法支援センター

国が広く国民の利益のために設立した法人の一つとして日本司法支援センターという法人があります。

 

この法人がつくられた目的は司法制度をよりわかりやすく利用してもらうためです。この法人は総合法律支援法という法律に基づき2006年に設立されました。この日本司法支援センターには多くの人に親しんでもらえるようにわかりやすい愛称があります。それが法テラスという愛称です。法テラスでも日本司法支援センターでもどちらも同じ法人のことを意味しています。

 

法テラスという愛称がつけられたのは、法によって社会を照らしていくという意味合いとテラスのように利用しやすい場所にしたいという願いを込めたからです。この法人の具体的な設立の目的としては、それまで誰でも気軽に利用できるものとはいえなかった司法制度をより誰にでも利用しやすいものにすることがあげられます。

 

一般の人などが司法制度を利用する場合にはまず多くの場合、弁護士に依頼することから始められますが、この法テラスではそうした弁護士に依頼をするときに総合的な支援を受けることができます。例えばあることが原因で法律的な解決を希望しているが、どの弁護士に相談すればよいのかわからないというような場合に、日本司法支援センターに相談できます。

 

日本で制定されている法律の数はとても多いため弁護士によっても専門分野が異なることもありますが、この法テラスで相談することによって、相談の内容に適した弁護士を紹介してもらえます。

法テラスは、犯罪被害の支援団体と連携しています

法テラスでは、犯罪被害の支援団体と連携し、各地の相談窓口に寄せられた情報を集めて、「その人に必要な支援」を行っている窓口を紹介しています。

 

相談は、電話もしくは面談という形になり、いずれも無料です。法テラスには、全国でおよそ2万5,000件におよぶ関係機関のデータが集められており、それぞれの状況に応じて、民間支援団体・警察などの犯罪被害を支援している窓口を紹介してもらえます。

 

犯罪の内容によっては、「女性の相談者でないと都合が悪い」ということもありますが、女性の担当者を指定することもできるので、心配は無用です。もちろん、相談の内容はどこにも漏らしませんし、匿名での相談も受け付けています。

 

具体的な相談の流れとしては、まず「法テラス・サポートダイヤル」もしくは「地方事務所」に連絡をとると、被害の状況などに応じて、最適な相談窓口や、利用できる制度などの支援情報を提供してもらえます。弁護士が必要な場合は、地方事務所を通じて弁護士が紹介されます。

 

紹介されるのは、被害者を支援した経験があったり、そういう事柄に理解のある弁護士です。また、経済的に余裕がないという人の場合は、各種の経済的援助制度を利用することもできます。

 

損害賠償などの民事手続きを希望する場合は、「損害賠償命令制度」「民事法律扶助制度」などがあり、自信が参加人となって刑事裁判を行う場合は「被害者参加人のための国選弁護制度」「被害者参加旅費等支給制度」などがあります。